身をもって経験!元気だった子もいつ病気になるかわからないのだから。

3b057a9b0e4a800ffee865ce0cf0d218_s

今現在の我が家のペットは愛犬2頭です。
ですが、つい数ヶ月前まで愛犬は3頭で、モルモット1匹も家族として暮らしていました。

その亡くなった愛犬は13歳でしたが、充分な餌や水も与えられずに居たのを引き取った子で、小さい頃長く肺炎を患ったもののそれ以後は元気で過ごしていたのですが、11歳になって子宮蓄膿症で手術を受け、そして悪性血管外膜細胞腫になり足切断手術を受け、その後腸腫瘍からの出血が止まらずに治療の甲斐なく亡くなってしまいました。

モルモットはもともと大きくなれない子で通常のモルモットの半分ほどの大きさしかなかったからか体が弱く、5歳になった頃から足に腫瘍ができたり顔面麻痺による咀嚼障害が出たりして強制給餌などをして懸命に看病したのですが亡くなってしまいました。

そして今現在居る2頭のうちの1頭である8歳になるプードルは、アレルギーを持っているために我が家に来た当初から慢性外耳炎を患っていたのですが、その後2歳で子宮蓄膿症を起こし手術を受け、4歳でストルバイト結石となり療法食を食べています。

また、混合ワクチンでもアレルギー症状が出てしまったので現在接種していません。

このような経験から愛犬の食事はもちろん飲み水にも気を使い、食事に関してはできるだけ悪いものの入っていないもの、おやつに関しても防腐剤など添加物の入っていないものを与えるようにしています。

そして、ワクチンが打てないのでかわいそうではあるのですが、他の犬との接触を避け少しでも異常がある場合にはすぐに獣医の診察を受けるようにしています。

亡くなった愛犬が肺炎になった時に毎週獣医に通い飲み薬を貰っていたのでかなりの治療費が必要となったのですが、それ以後元気で過ごしていたので必要もないだろうとペット保険には入っていませんでしたし、他の2頭についても、1頭は病院知らずの子ですし、プードルも現在は定期的に獣医に通っているものの耳掃除に行くだけなので保険には入っていません。

ですが、亡くなった子が老年になってから病気や手術を経験しかなりの治療費を必要とし、モルモットもエキゾチックアニマルということで近くに見てもらえる獣医がなかったので遠方まで行き治療費も高額だったので、もうシニアな年齢にはなっているので保険料は高額になってしまうのですが、せめて治療費の一部だけでも負担して貰えたら経済的にとても楽なので、現在居る2頭は日本で初めて金融庁の認可を受けたペット保険である、アクサダイレクトのペット保険 「いぬのきもち保険 ねこのきもち保険」保険に加入しようかと考えています。